漢方

院長は日本漢方の重鎮、山田光胤先生、山田享弘先生のもとで経験を積んでまいりました。また、皮膚科漢方の第一人者である二宮文乃先生の塾生としても多くの症例検討を共にしてまいりました。

東洋医学的診察

​漢方には西洋薬にはない癒やしの力があります。当院では丁寧に体質「証」を見極めた上体質改善を行っております。「証」の判定の為に四診という四種類の診察を行います。四診には望診、聞診、問診、切診の四種類があります。

1. 望診

視覚による診察法を望診といい、四診のはじめです。望診には、骨格、筋肉、栄養状態、顔色などの観察と、舌診があります。

2. 聞診

聴覚、嗅覚による診察法といいます。

3. 問診

患者さんの訴え、既往歴、家族歴、遺伝関係などの情報を聞き出します。現代医学の問診に近いものですが、証の決定に必要なポイントを聞いていきます。

4. 切診

(1) 脈診
脈の状態により、陰陽、寒熱、虚実を判定します。

(2) 腹診
日本漢方独特の診察法で、陰陽、虚実を判定して、証を決定します。四診の中でも最も重視される診察です。腹診では、皮膚の湿潤、完走、腹壁の厚薄、腹部動悸などを見ると同時に、漢方独特の各種腹証を確認していきます。

陰陽虚実

漢方では皮膚疾患を治療する場合も、他の疾患を治療する場合もその基本は同じす。陰陽虚実にあった薬方群の中から患者さんの症状に適合した薬方を選択していきます。

そして皮膚疾患の場合には、皮疹の状態を乾性と湿性に分け、そのおのおのを陽症と陰証に分類します。つまり皮膚疾患の治療では、全身の陰陽虚実にあった薬方の中で局所の陰陽乾湿に適合する薬方を判定し、投与することになります。この時、全身と局所の陰陽虚実が合わない場合は基本的に全身状態を優先します


皮膚疾患における陰陽の判別 

〔陽証〕=身体に熱があって、炎症の強い人には、熱を冷やし炎症を抑えてゆくことが必要である。
全身状態:顔色が赤い。暑がり、熱感がある。手足が暖かい。行動的で活動的。
脈:浮、数。
皮膚症状: 局所の発赤が強い場合が多く、赤味は紅色または真赤で、青味や黒味を帯びない。局  所の熱感が強い。浸出液のある場合は、分泌物が濃厚で痂皮形成を認めるものが多い。

〔陰証〕=身体に冷えがあり、新陳代謝が衰えているような人には、身体を温め、体力を補ってゆくような薬を用いることによって、治癒力を高め、病気を治してゆくことが必要。
全身状態:顔色が青白い。寒がり、冷え性、手足が冷える。行動に活気がない。
脈:沈、遅。
皮膚症状:局所の発赤は弱い場合が多いが、発赤の強い場合でも赤味の中に青味、黒味を帯びて暗紫色になる場合がある。局所の熱感が弱く、発赤があっても冷えを訴える場合がある。浸出液のある場合は、分泌物が稀薄で、痂皮形成は認めないことが多い。

薬方選択

同じ皮膚の疾患でも陰証、陽証に弁別することで薬方選択が全く変わってきます。

例えば同じアトピー性皮膚炎でも、その患者さんが陰証であるのか、陽証であるのかによって治療が全くことなるわけで、ここを弁別する力がが漢方を行う医師には必要になります。また同じ陽証のアトピー性皮膚炎であっても、虚証、つまり体力が弱く、胃腸も弱いような人と、実証、つまりた体力体格のがっしりした人では使う薬が違ってきます。

 

アトピー性皮膚炎の頻用処方

[実証]    

黄連解毒湯
白虎加桂枝湯(合四物湯加荊芥連翹)

越婢加朮湯

消風散

[虚実間証] 

温清飲

荊芥連翹湯

治頭瘡一方

葛根湯加石膏)

十味敗毒湯
 

[虚証]

桂枝加黄耆湯

小建中湯

黄耆建中湯

加味逍遥散(合四物湯)

[陰証]   

十全大補湯

真武湯など

〒215-0022

神奈川県川崎市麻生区下麻生

2-40−1

最寄り:柿生駅

​休診日:木・日曜・祝日

044-989-1000

​☎

受付は診療終了時間の30分前までとなりますのでご注意ください。

©  Atopi Chiaki Dermatology Clinic