年齢を重ねたら帯状疱疹予防を

希望の方に帯状疱疹の予防接種を行っております。

費用は8,000円+税です。(診察料別途)

当院では国産弱毒化生ワクチン(1回接種)を採用しております。

ご希望の場合、当院でまずは一度診察をお受けください。ワクチン接種の適応がないケースがあるため事前に問診をしております。電話予約はしておりません。

持病・最近の他のワクチン接種歴・帯状疱疹罹患歴等を問診し、適応があるか判断したうえで予防接種の予約(ワクチンの発注)をします。ワクチンは2日ほどで入荷いたしますのでお好きな日に接種にお越しいただく形になります。

お会計は接種日ではなく予約時に発生しますのでご承知ください。


Q: 他種のワクチンとの接種間隔は?

A: 当院で採用しているのは帯状疱疹ワクチンは注射生ワクチンです。以前は4週間あける指導をしていましたが、現在は規定がないものが多くなっております。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou03/rota_index_00003.html

ただし新型コロナワクチンに関しては前後2週間あけて、帯状疱疹予防接種ができるという見解があります。https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0037.html (新型コロナワクチンに関しては今後見解が変わる可能性)


Q: なぜ帯状疱疹予防接種が必要なのですか?

A: 50歳以上の日本人はほぼすべての方が帯状疱疹になるリスクを抱えています。これは小児期にかかった水ぼうそうのウィルスが誰でも体に潜伏しており、再活性化する可能性があるからです。

水ぼうそうにかかったことがある人は、すでに水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を獲得していますが、年齢とともに弱まってしまうため、改めてワクチン接種を行い、免疫を強化することで帯状疱疹を予防します。予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽くすむという報告があります。