受診控えで健康悪化<新型コロナ>

病院に来るのを控えた事による治療の手遅れや悪化を多くの医師が経験しております。


皮膚科では、例えばウィルス性疣贅が増数して治療困難になった、皮膚の傷が感染を起こして深くなった、皮膚癌を放置していたなど取り返しのつかない症例もみられます。


気がかりな事例で最も多いのは「薬が切れているはずなのに受診がない」ケースです。たとえば当院ではアトピー性皮膚炎を放置して、全身のひどい湿疹になっている方が多く認められます。


「受診我慢しないで」の発信が日本の医療にとって急務であるため、当院でもブログで発信させていただきました。

最新記事

すべて表示

怪我は診ておりません

恐れ入りますが、当院では外傷(切り傷、とげなど)は専門外のため診療しておりません。皮膚の怪我だからということで皮膚科を受診される方がいらっしゃるのですが、小さい傷だとご本人が感じていても皮膚の下の大事な組織が損傷していることもあります。麻酔をしてとげを含む組織を切除する手術を要することもあります。 当院では怪我の大小にかかわらず全て診察はお受けしておりませんので、お手数で恐縮ですが適切な病院へのご

〒215-0022

神奈川県川崎市麻生区下麻生

2-40−1

最寄り:柿生駅

​休診日:木・日曜・祝日

044-989-1000

​☎

受付は診療終了時間の30分前までとなりますのでご注意ください。

診療のご予約は不要です。受付順にお呼びしております。

©  Atopi Chiaki Dermatology Clinic