そろそろ毛虫皮膚炎の季節

暖かい日が増えてきましたーなんて話題が増えるころ、増え始めるのが毛虫皮膚炎です。


主にチャドクガによる被害が多く、Tシャツ1枚程度なら毒針毛は通してしまうので、服に覆われた部分にも、広い範囲でぽつぽつと赤みが生じます。

とはいえ体の片側から降り注ぐことが多い毒針毛ですから、左右は非対称で、皮膚科医が見れば他の湿疹とは異なることがすぐにわかります。(紛らわしくて診断に迷うことはまれにありますが)

干していた洗濯物についていたために、全身に皮膚の症状が起きるなどということも、しばしば経験します。 服の繊維に絡みついた毒針毛は洗濯ではなかなか取れないため、繰り返してしまう厄介なものです。

慢性湿疹と思い込んでいた原因が実はこれだった!なんてこともあります。


治らない湿疹、強いかゆみ  自己判断せずに、皮膚科医にご相談くださいね。


---余談ですが、先日子供が学校の図書室で、こんな本を借りてきました。

こうしてみると、けむしにも、かわいいものがいますね。



アトピちあき皮膚科

山口ちあき


最新記事

すべて表示

受診控えで健康悪化<新型コロナ>

病院に来るのを控えた事による治療の手遅れや悪化を多くの医師が経験しております。 皮膚科では、例えばウィルス性疣贅が増数して治療困難になった、皮膚の傷が感染を起こして深くなった、皮膚癌を放置していたなど取り返しのつかない症例もみられます。 気がかりな事例で最も多いのは「薬が切れているはずなのに受診がない」ケースです。たとえば当院ではアトピー性皮膚炎を放置して、全身のひどい湿疹になっている方が多く認め

〒215-0022

神奈川県川崎市麻生区下麻生

2-40−1

最寄り:柿生駅

​休診日:木・日曜・祝日

044-989-1000

​☎

受付は診療終了時間の30分前までとなりますのでご注意ください。

©  Atopi Chiaki Dermatology Clinic