重症にきびの切り札:イソトレチノイン

最終更新: 1月6日


保険適応の治療を半年以上真面目にしたがにきびが改善しなかった方、あきらめないでください。アトピちあき皮膚科では最良の治療を提案しています。


イソトレチノイン療法は重症にきびの切り札的治療です。皮膚のターンオーバーにアクセルをかける作用機序で、皮脂が減り肌質の変化が起こり、今まで治療に反応しなかったにきびでも改善することが可能です。ただし副作用として強い乾燥感、避妊の必要性などが挙げられますので、ご希望の方は治療の特性を理解いただき定期的に受診していただく必要があります。未成年の方は初回は保護者にご同席願います。保険適応外のため​一ヶ月のお薬代は通常18,000円です。体の大きさにより投与量は増減させることがございます。


症状が軽症で適応がない場合や治療特性をご理解いただけないと判断した場合はこの治療はお断りしております。(*このイメージ写真程度の皮疹の場合適応になりません(-_-;)申し訳ありません )

イソトレチノインは現在国内未承認医薬品で、医師が海外から個人輸入をしております。肝機能障害などの併存疾患によっては投与できない場合があります。内服後血液検査をする場合があります。


本剤適応の有無にかかわらず、アトピちあき皮膚科はにきび治療を得意としておりますので、一度ご相談ください。


アトピちあき皮膚科


〒215-0022

神奈川県川崎市麻生区下麻生

2-40−1

最寄り:柿生駅

​休診日:木・日曜・祝日

044-989-1000

​☎

受付は診療終了時間の30分前までとなりますのでご注意ください。

診療のご予約は不要です。受付順にお呼びしております。

©  Atopi Chiaki Dermatology Clinic